5. フランス語のcomprendreとは?

こんにちは。
網野智世子です。

前回のメールで、

名詞・形容詞は「静止画的」、
動詞は「動画的」・・・

ということを書かせていただきました。

また、

名詞・形容詞は「三次元的」
動詞は「四次元的」

という表現も近いと思います。

この「イメージ」は今後、
動詞を使いこなしてフランス語習得を
加速させる上でとても重要ですので、
心に留めておいてください。

そして、私たち人間はすべて、
時間の流れの中で生きている、
ということも・・。

このことは自然科学的にも
否定できない真実です。

そして、

人間は「言葉」をコミュニケーションの道具としているため、
意識的にも無意識的にも、時間概念を言葉に反映させている

と言えます。

ここで、「時間概念を言葉に反映させる」と聞くと、
午前6時30分といったような具体的な「時刻」とか、
2011年7月何日といったような年月日、
あるいは「早朝」「夜遅く」といった
時間帯を表す名詞あるいは副詞をイメージされるかもしれません。

しかし、
このような言葉は時間に関係することがらを
「表して」はいますが、

その言葉自体が時間の流れを持って
(硬い言葉でいえば「内包して」・・なお、英語ならinvolve、
フランス語ならcomprendreという適切な動詞で表せます・・・)
いるわけではありません。

これに対して、
午前6時30分に「起きる」とか、
夜遅く「帰宅した」といったような動詞は、
それぞれがどんなに短いものであっても
時間の流れを持っています。

(「起きる」「帰宅する」は能動的な動作なので
わかりやすいですが、
「停滞する」といった動作性の乏しい動詞であっても
「時間の流れ」を持つことに変わりはありません。)

このように、

動詞はそれ自体が時間概念を持っているが故に、
人間の言葉の中で重要な地位を占めている・・・

というのが私の仮説です。

ひとことで言えば、

人間はすべて時間の流れの中で言葉を持って
生きていること、
そして動詞は唯一「時間を持った」言葉だからです。
?

そして、このように人間にとってとても重要な
「時間」を表す「動詞」に強くなることによって、
フランス語の習得は非常に効率的になるのです。

「でも・・・、

 動詞に強くなる

 とはどういうことでしょうか?」

そういう疑問が湧きますよね。

それにつきましては、
近いうちにまたメールさせていただきますね。

網野智世子

網野式・動詞フォーカスフランス語入門【ネイティブ音声付き・メールサポート付き】~本物のフランス語を身につけたい方へ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>